豚肩肉と玉葱の蒸し煮込み 黒酢風味

豚肩肉と玉葱の蒸し煮込み 黒酢風味

【西窪料理長コメント】

北イタリアの郷土料理でタマネギをたっぷりと使用した豚の煮込みです。赤ワインビネガーのかわりに桷志田の黒酢を加えることにより肉が柔らかくなり、豚のうまみが一段と深く味わえます。


※フェニーチェ(白水館薩摩伝承館内) 西窪料理長考案レシピ
※南日本新聞フェリア2016年12月掲載『黒酢の達人』
※2016年9月開催「黒酢料理の鉄人フェア」担当料理長

[ 材料 /4人分 ]

・豚肩肉 400g
・タマネギ(スライス) 2個 
・ニンニク 1片
・アンチョビー 3枚 
・白ワイン 80cc
・シェフの黒酢 60cc
・マスタード(粉) 大さじ1
・塩、コショウ 適量
・オリーブオイル 40cc
 

[ 作り方 ]

1.肉は一口大にカットし、塩・コショウで下味を付ける。

2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ香りが出たら【1】の肉を入れ焼き色が付くまで炒める。

3.【2】にタマネギ、アンチョビー、白ワイン、黒酢を入れ、ふたをして弱火で1時間蒸し煮する。

4.肉が柔らかくなったら取り出し、煮汁はミキサーで滑らかなソースにする。

5.【4】のソースにマスタードを加え調える。肉を皿に盛り付けソースをかける。