赤ワインとトマトの黒酢牛煮込み

赤ワインとトマトの黒酢牛煮込み

【中村シェフコメント】

黒酢を使っているので、牛肉がやわらかく仕上がりました。黒酢は和食・中華だけでなく、洋食全般にもよく合います。使い勝手が非常にいい調味料なので、皆さん気軽にどんどん使ってください。

※黒酢レストラン 中村シェフ考案レシピ
※南日本新聞フェリア20144月掲載『黒酢の達人』
※2014年9月開催「黒酢料理の鉄人フェア」担当料理長

[ 材料 /2人分 ]

・牛ステーキ肉300g

A<玉ねぎ150g、ニンジン60g、トマト300gパセリとニンニクを各みじん切りで10g、ローリエ2>

・オリーブオイル大さじ
2
・赤ワイン500cc

B<コンソメ10g、黒酢大さじ1、ケチャップ100g、砂糖40g、濃い口しょうゆ大さじ1、バター80g、塩コショウ適量>

・生クリーム適量

[ 作り方 ]


1. 玉ねぎ、ニンジンを食べやすい大きさにカットする。トマトは湯むきしてから、同様にカットする。

2.牛ステーキ肉を食べやすい大きさにカット、塩コショウ(分量外)をして表面を焼く。

3.鍋にオリーブオイルとAを入れ、しんなりするまで炒める。

4.火が通ったら赤ワインを入れ、アルコールを飛ばす。その後、Bで味を整える。

542を入れ、10分程煮込む。

6.皿に盛り付け、生クリームを回しかければ完成。