牛肉とキビナゴの黒酢炒め

牛肉とキビナゴの黒酢炒め

【甲斐料理主任コメント】

鹿児島を代表する黒ブランドの一つである黒酢は、美容と健康維持に優れ、料理に使うと仕上がりに奥行きでて全体がまろやかになります。

※霧島観光ホテル 甲斐料理主任考案レシピ
※南日本新聞フェリア20143月掲載『黒酢の達人』

[ 材料 /1人分 ]

・牛肉20g
・キビナゴ5
・イカ30g
・赤パプリカ、パプリカ、ピーマン、タマネギを各適量
・片栗粉少々
・合わせ調味料(鳥ガラスープ大さじ6黒酢大さじ1、塩コショウ少々)
・サラダ油少々

 [ 作り方 ]


1. フライヤーで片栗粉をまぶした牛肉・キビナゴ・イカを揚げ、野菜は素揚げする。


2.鶏ガラスープ、黒酢、塩コショウの調味料を合わせる。

 3.フライパンにサラダ油を敷いて1を入れ中火で軽く炒め、上から全体に2をかける。1は一度火が通っているので炒める時間は1分程度でいい。

4.お好みに応じてキュウリやミニトマトなどを飾り付けてもいい。