黒酢を効かせた春野菜おこげ

黒酢を効かせた春野菜おこげ

【田村料理長コメント】

中国料理では「香醋」(こうず)という黒酢を良く使います。前菜、主菜、麺飯(めんはん)、点心と使い方は多様です。今回のお料理は「香醋」を桷志田黒酢に変えて作ってみました。丸みとコクのある春らしい優しい味に仕上がりました。

※城山観光ホテル翡翠廳 田村料理長考案レシピ
※南日本新聞フェリア20134月掲載『黒酢の達人』
※2014年9月開催「黒酢料理の鉄人フェア」参加店

[ 材料 / 3人分 ]

・フキノトウ3
・スナップエンドウ3
・芽キャベツ3
・アスパラガス1本
・エリンギ1
・ヤングコーン1
・ソラマメ6粒、
・タケノコ30g
・シイタケ1
・菜の花3
・ニンジン5g
・ラディッシュ1
・金針菜10g
・おこげ3

調味料
(チキンスープ300cc、塩・チキンコンソメ各小さじ1/2、砂糖・オイスターソース各小さじ1、ごま・ごま油少々)


黒酢大さじ
1

[ 作り方 ]

1野菜をひと口サイズにカットし、さっと塩ゆでしておく。 

2調味料を沸かし、1の野菜を加え、水で溶いた片栗粉(水大さじ1.5、片栗粉大さじ1)でとろみをつける。

3火を止めて黒酢桷志田(大さじ1)を加えて軽くかき混ぜる。 

4別鍋に油を入れて180℃まで熱し、おこげをパリッと揚げる。

5深めの器におこげを入れ、3のあんを上からまんべんなくかける。