安納芋ときのこの黒酢ごはん

安納芋ときのこの黒酢ごはん

【店長 越智さんコメント】

食欲の秋にピッタリな丼物に黒酢でアクセントしました。バランスの取れた食事とアミノ酸たっぷりの黒酢で夏の疲れを取ってスポーツや読書を楽しみましょう。

家のじ 店長 越智さん考案レシピ
※南日本新聞フェリア2016年10月1日号掲載『黒酢の達人』

[ 材料 /4人分 ]

・安納芋 200g
・キノコ(シメジ、シイタケ、エノキなど) 300g
・米 3合
・小ネギ 少々
・バター 30g
・卵 2個
・桷志田ふりかけ黒酢 少々
・塩、こしょう 少々
・水溶き片栗粉 適量
・かつおだし汁 800cc

合わせ調味料
・黒酢 50cc
・みりん 100cc
・酒 100cc
・濃い口しょうゆ 70cc
・薄口しょうゆ 30cc

[ 作り方 ]

1.安納芋の皮を少し厚めにむき、その皮を5mm幅でカットする。皮をむいた安納芋とキノコを食べやすい大きさにカットする。

2. 米3合を通常の水加減でセットし、5mmにカットした皮と桷志田ふりかけ黒酢を少々加えて炊く。

3.カットした芋を電子レンジ(500W)で1分間加熱し、フライパンでキノコと共に、バターと塩・こしょうで炒める。

4.かつおだし汁に合わせ調味料を加えてひと煮立ちさせ、【3】を入れたら水溶き片栗粉でとろみをつけ溶き卵を入れる。

5.炊き上がったごはんの上に【4】をかけ、小ネギをちらして完成。