黒酢の郷・福山町

黒酢の郷として名高い、そして、桷志田の誕生の地である鹿児島県霧島市福山町のご紹介です。

鹿児島県霧島市福山町

前面は錦江湾、後背はシラス台地に囲まれた福山町
前面は錦江湾、後背はシラス台地に囲まれた福山町

黒酢の郷として知られる”福山町”は鹿児島県霧島市(旧・姶良郡)にある人口7500人弱の小さな町です。 桜島の北東に位置し、 前面に錦江湾の大海原、後背には桜島の火山灰によるシラス台地の急斜面で非常に風光明媚なところです。

火山灰の影響も少なく、温暖な気候を生かした黒酢造りとミカン育成が有名です。黒酢の郷と呼ばれるだけあり、福山町内に入るといたるところで壷畑を見ることができます。

福山町の見どころ

福山町の見どころをご紹介いたします。

  • 福山町では街のいたるところで壷畑を見ることができます
    福山町では街のいたるところで壷畑を見ることができます
  • 福山町に行ったら見ておきたい鹿児島県指定文化財にもなっている夫婦イチョウ
    福山町に行ったら見ておきたい鹿児島県指定文化財にもなっている夫婦イチョウ
  • 黒酢の郷 桷志田
    当醸造元が運営する日本初の黒酢レストラン。壷畑の見学や黒酢の試飲もできるとあって錦江湾ドライブ一週コースでは欠かせないスポットになりました。

福山町の位置

福山に関する情報